2024.06.29-07.20

片山雅史 個展「いのちのかたち」

会期:2024年6月29日(土)〜7月20日(土)
開場:11:00 〜18:00  入場無料
休み:日曜日、月曜日

◆オープニングレセプション
6月29日(土)17:00〜
※予約不要/無料

このたび kenakianでは、1980年代より画家、美術家として活動する片山雅史氏の個展を開催いたします。片山氏は1988年にA.C.C.(アジアン・カルチュラル・カウンシル)の招聘により渡米、1995年には文化庁派遣芸術家在外研修員として渡英しました。本展覧会の開催には、同時期にロンドンに滞在していた片山氏と柳(kenakian代表)が異国の地で出会い、現地での時間を共に過ごした経緯があります。そして、30年近くを経て九州での再会から本展覧会に至っています。
「風のなる日のために」と題されたモノクロームの抽象絵画から始まり、植物、自然界のイメージからつながる命のかたち、視覚と記憶の根源的な探究など、時間をかけ普遍的かつ新たなシリーズを展開してきた片山雅史の世界を、kenakianにてぜひご高覧ください。

kenakian is pleased to present a solo exhibition by Masahito Katayama, a painter and artist who has been active since the 1980s. Katayama went to the USA in 1988 at the invitation of the Asian Cultural Council and to the UK in 1995 as an overseas trainee artist dispatched by the Agency for Cultural Affairs. Masahito Katayama and Kenji Yanagi met in London at the same time and spent time together in a foreign country. Nearly 30 years later, they met again in Kyushu.
Please come and see the world of Masahito Katayama, who has developed a universal and new series over time.

【関連イベント】”螺旋”を探そう ⏤ 自然の中から見つける「いのちのかたち」

片山作品の「皮膜シリーズ」には、向日葵の花芯部(螺旋模様)が描かれており、それは自然界のすべての生命の営みを表しています。このイベントでは、自然の中で「螺旋」を見つけ、作家と参加者の皆さんで一緒に「いのちのかたち」を探ります。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

= 全2回を通して行う参加型イベントです =
第一回:7月12日(金)18:00〜19:30
第二回:7月19日(金)18:00〜19:30

*場所:kenakian(佐賀市本庄町本庄1272−3, 1F)
*参加費:500円(飲み物代)/各回
*お問合せ・お申込みは、kenakian まで。
 お電話 0952-97-5044 または Lacation(Contact)からご連絡ください。

皮膜 2022 向日葵 90×90cm パネルに綿布 アクリル 顔料
©︎MASAHITO KATAYAMA


片山雅史 Masahito Katayama

1955 東京に生まれ京都で育つ
1984 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了
1988 アジアンカルチュラルカウンシルの招聘により渡米
    ニューヨーク、ロウアーイーストサイドにスタジオを構える
1995 文化庁派遣芸術家在外研修員として渡英
    ロンドン大学ゴールドスミス校に在籍 
1999 九州芸術工科大学(現九州大学芸術工学研究院)准教授着任
2021 九州大学大学院芸術工学研究院准教授退任

大学在学中より活動をはじめ、90年代中頃まで京都とシカゴを拠点に、国内外の美術館、画廊、芸術祭等で発表を行う。活動初期には、「風のなる日のために」「風の系譜」(1986年~)と題された黒い筆致によるモノクロームの抽象絵画を展開。その後、金地にシルエットの植物が描かれたHANAシリーズ(1994年~)を、視覚と記憶との関係に焦点を当て制作された「皮膜」シリーズ(1999年~)を、螺旋など主とした墨線の集積による絵画作品(2010年~)を発表。1999年来福、九州大学在任中は絵画作品発表の他、地域コミュニティー活性のためのアートプロジェクト(2006年~2015年大濠公園向日葵プロジェクト)、地域文化醸成のためのアートプロジェクト(2015年~2019年大濠アートプロジェクト)、高齢者施設と協働でワークショップを行うなどアートと社会を繋ぐ活動を行っている。

ウェブサイト:https://katayamamasahito.com


1989年 個展「風のなる日のために」会場風景:佐賀町エキジビットスペース(東京)
©︎MASAHITO KATAYAMA

皮膜 2004 蜜色の奥底に(福岡市美術館 個展 展示風景).
©︎MASAHITO KATAYAMA

蝶図 2022 18×18cm
©︎MASAHITO KATAYAMA

皮膜 2024 向日葵1 53×53cm
パネルに綿布 アクリル 顔料
©︎MASAHITO KATAYAMA

皮膜 2024 向日葵2 55×54cm
パネルに綿布 アクリル 顔料
©︎MASAHITO KATAYAMA